色素沈着を取るレーザー|若々しい肌を取り戻したいなら|ヒアルロン酸注射で水分補給
ウーマン

若々しい肌を取り戻したいなら|ヒアルロン酸注射で水分補給

色素沈着を取るレーザー

医師

短時間で効率的な照射

多くのクリニックではしみ治療にレーザー治療器が使われています。一昔前はレーザー治療といえば料金が高額で、炎症後色素沈着などの副作用が起こりやすく、肝斑には利用できないなどのデメリットがありました。しかしレーザー機器は急速に改良され、最新機種では10億分の1秒単位で照射時間をコントロールできるようになっています。短時間で効率的にエネルギーを照射できるため、肌へのダメージが小さく、肝斑も治療できるのが特徴です。クリニックでのしみ治療には、外用薬や内服薬を使用する方法もありますが、レーザー治療は1回の施術で治ることが多いため人気があります。最近のレーザー機器では、照射時の痛みも最小限に抑えられています。

十分なアフターケアを

レーザーによるしみ治療を行なう際には、アフターケアが非常に重要です。かさぶたを無理に剥がしてしまうと、その部分に色素が沈着して、しみが復活したように見えることがあります。一定期間はテープで保護しますが、クリニックによっては肌色の目立ちにくい被覆材を採用しています。テープが取れた後のキレイな肌は、紫外線に弱くなっているのでUVケアが大切です。厚生労働省が認可したレーザー機種なら、しみ治療でも保険が適用できる場合があり、治療費の節約になるというメリットがあります。ただし保険診療を実施しているクリニックは少数なので、情報を集める必要があります。現在では保険外診療でも、治療費は昔に比べると下がってきています。